会社概要

会社概要

所在地 愛知県豊田市幸町公文所10番地の1
敷地面積 12,935m²
建屋床面積 10,127m²
創立 昭和51年8月
資本金 4,250万円
年商 70億円
従業員 193名
主要取引先 株式会社東海理化
業種 自動車部品製造業(自動車シフトレバー他)

沿革

昭和51年8月 資本金600万円にて豊田市上郷町に創立
昭和52年1月 (株)東海理化電機製作所とシフトレバー部品加工・組立の取引開始
昭和54年6月 豊田市幸町に本社移転
昭和59年8月 PM優秀事業場賞を受賞
平成13年2月 ISO9001認証取得
平成19年12月 第一次新工場建設
平成20年7月 第二次新工場建設
平成20年12月 事務棟建設
平成24年9月 AGV販売開始
平成25年8月 シンセイコウキタイランド設立
Shinsei Koki (Thailand) Corporation Limited

Hemmaraj Chonburi Industrial Estate (Bowin)
331/103 Moo 6, T.Borwin, A.Sriracha,
Chonburi 20230
平成26年3月 飯田市に長野工場開設

長野県飯田市下殿岡731

環境への取り組み

環境自主行動計画

策定日:平成26年2月28日
神星工機株式会社

基本理念

 当社は「社会に信頼を送り出す」を基本理念とし、自動車用のシフトレバーの専門メーカーとして、高品質・高性能な魅力ある製品をお客様にお届けすることに全力を注いでまいりました。今後も多様なニーズに応え、お客様に喜んでいただける『モノづくり』を通じ、社会に役立つ企業となるよう、一層の努力をします。
 また、弊社では現状における環境問題への対応を重点対策としてとらえ、地球にやさしい環境作りを推進するためにCO2削減をはじめとする地球温暖化防止対策やリサイクル推進体制の構築等に取り組んでいます。こうした活動には終わりがないため、今後とも一歩先を見越した環境施策の展開に努力してまいります。

基本方針
  1. 地球温暖化対策
    生産工程における省エネ対策の推進により、CO2の排出量低減に努める。
  2. 産業廃棄物の低減
    生産工程から発生する廃棄物の削減に努める。
  3. 環境負荷物質の管理
    法令を順守し、有害物質などの削減に努める。
  4. 環境効率の追求
    事業活動が影響を及ぼす環境への配慮と環境効率の追求を継続的に図る。
目標

CO2排出量を前年度比で1%低減することを目標とする。

行動計画
  • 省資源・リサイクルを推進します。
  • 電力を中心としたエネルギー消費量の抑制に努めます。
  • 新規購入設備・更新設備は高効率機器の導入に努めます。
  • 社員教育の実施により、環境管理の改善を図ります。

役員構成

         
取締役社長 松下 昌史
専務取締役 小野田 広生
取締役 木村 雅広
取締役 大場 忠義
取締役 中西 護
監査役 脇谷 忠志(株式会社東海理化取締役副社長)
監査役 廣根 実



pagetop